オープンキャンパス開催レポートを公開中!

今日から花の女子大生! 楽しみにしていることは何?

2013.04.12

 4月です。宮城学院女子大学の新しい1年が始まりました。4日には入学式が行われ、新たに宮城学院女子大生となる新入生たちの、初々しくも希望に満ちた顔がキャンパスにあふれました。

 入学式に出席する新入生たちの装いは、黒か紺のスーツが主流。お母様と一緒の学生が多く、中にはご両親と3人で出席される方も見られました。その晴れがましい表情はまぶしいくらい!

 そこで新入生の何人かに、これからの抱負などを聞いてみました。受験勉強のプレッシャーから解き放たれ「遊びたい!」「彼氏をつくりたい!」といった羽伸ばし系の声が聞かれるかと思いきや、返ってきたのは「大学の授業が楽しみ」「目標のために勉強をがんばりたい」と、とても真摯な答えばかりでした。「学生生活を楽しみながら」という言葉が聞かれたのは、親御さんの方からでした。

 

サークルの先輩たちから 新入生にエール!

 

 入学式が行われる礼拝堂の外には、早くも新入生に勧誘の魔の手(笑)を伸ばすサークルの先輩たちの姿もちらほら。ラクロス部のみなさんに「かわいい後輩たちにメッセージを!」と声をかけると、とびきりの笑顔で集まってくれました。

 3年生の後藤さんは「私は震災の影響で入学式がなくて寂しかったのですが、ラクロス部に入部したおかげで大学生活を一緒に過ごす仲間ができて、充実した日々が送れています。勉強もサークルも、両方あるから頑張れるんだと思います!」と、サークル入部を熱烈推奨していました。

 次に、キレのあるポーズで写真に収まってくれたのはよさこい部のみなさん。2年生の佐藤さんがメッセージをくれました。「1年前の入学式の時は緊張していました。今思うと、1年が経つのは早いですね。新入生の皆さんには、ぜひサークルに加入して欲しいです。友達も増えるし、楽しいですよ!」 

 この日はまだ緊張気味に答えてくれた新入生たちも、きっとすぐに慣れて、先輩たちのようなはじける笑顔でキャンパス内を闊歩することになるでしょう。

トップへ