第2回「キャリアアップセミナー」を実施しました

2018.06.06

今年度も本学と公益財団法人上廣倫理財団による連携講座として、「女性としての生き方を問い、未来を展望しよう」をテーマとするキャリアアップセミナーが始まりました。

本講座では、社会の第一線で活躍されている講師の方々をお招きし、ご自身のキャリアや学生たちへのメッセージなどを語っていただきます。

 

第2回の講師は通訳者の上野美保さん。当日は新幹線に飛び乗る直前まで会議通訳のお仕事を1件、終えてから仙台までいらしたそうです。

上野さんは最初から通訳として働き始めたのではなく、バイリンガルセクレタリーとして外資系企業に勤め、更にスキルアップしようと働きながら通訳学校に通われたそうです。そしてその実力が認められ、企業内通訳からフリーランスへと転身なさったということでした。「好き」を仕事にしてフリーでお仕事をする、自己管理の難しさや責任の重さについてお話しいただく一方で、自分の選択次第で大きなチャンスをつかめる期待感についてもお話ししてくださいました。

 

学生からは

「『中学・高校時代の自信が大学に入った途端に無くなる』ということは私も経験があるので、とても共感した。今までは何かチャンスが訪れた時に断ってしまうこともあったのだが、『上手くいかなくても経験にすることができる』と聞いて、これから何かチャンスがある時は失敗を恐れずに挑戦する姿勢を持とうと思った」(人間文化学科3年生)

「上野さんは考え方がポジティヴな人で、自分とは違うなと思って聞いていたが、話を聞いているうちにいくつか自分にも身に覚えのある経験談が出てきて、こうして成功している人でも自分と同じような悩みを持っているのだと驚いた。『困難を克服していくこと』というまとめがものすごくためになった」(日本文学科2年生)

「私も『通訳者』に憧れていた時期があったので、今日のセミナーはとても楽しみにしていた。上野さんが通訳に近い仕事から始めて経験を積んだように、私も将来、英語に関わる仕事に就きたいと思っているので、英語を使ったボランティア等に参加したいと思った」(英文学科1年生)

などの感想がありました。

本講座は、前期6回と後期6回、月曜16:20~17:50または土曜13:00~14:30に公開講座として開講していますので、興味を持たれた方はどなたでもお気軽にご参加ください。

問合せ先:キャリア支援センター 直通:022-279-4957

トップページへ