オープンキャンパス開催レポートを公開中!

平成27年度 地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)が採択されました

2015.10.30

文部科学省では、平成25年度から、大学等が自治体と連携し、課題解決に資する様々な人材や情報・技術が集まる、地域コミュニティの中核的存在としての大学の機能強化を図ることを目的として「地(知)の拠点整備事業(COC)」を実施しています。

さらに平成27年度には、「地(知)の拠点整備事業」を発展させ、大学と地方公共団体や企業等との協働により、その地域が求める人材を養成し、また魅力ある 就職先の創出をすることで、地方創生の中心となる「ひと」の地方への集積を目的とした「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」の公募が 行われました。

これを受け、宮城学院女子大学は、東北学院大学を申請大学とし、宮城教育大学、東北工業大学、石 巻専修大学、尚絅学院大学、仙台大学、仙台白百合女子大学、東北生活文化大学、聖和学園短期大学、東北生活文化大学短期大学部、仙台高等専門学校と共に 「みやぎ・せんだい協働教育基盤による地域高度人材の育成」事業の申請をしておりましたが、2015年9月28日付けで採択されましたことを御報告いたし ます。

本学は「女子大学の強みを生かした経営革新支援による地元企業の雇用創出」と題した取り組みで本COC+ 事業に参加します。1886年(明治19年)の学院設立当初から守り続けてきた東北地方の女性教育の伝統を基盤に、130周年を期に設置した現代ビジネス 学部をはじめとする学部群が総力を結集します。地域を志向した教育・研究を通して社会貢献を進める本学の取り組みにご期待ください。

詳細はこちらから

宮城学院女子大学COC+参加校

トップへ