オープンキャンパス開催レポートを公開中!

齋藤 江里さん 教育学科健康教育専攻3年 山形県 楯岡高校(現 東桜学館高等学校)出身

●宮城学院女子大学(以下「MGU」)を選んだきっかけは?

医療・看護に加えて、教育の分野にも精通する養護教諭になることを、将来の目標に決めた高校時代、「夢を叶える(養護教諭になる)ため、地元から近い大学に進学したい」そんな自分の条件に合致したのが、MGUでした。

今、学生生活で夢中になっているものは?

1年生の時から、大学祭実行委員会をやっていて、メンバー同士でアイディアを出し合ったり、準備をしたりしています。実行委員は「縁の下の力持ち」的な存在ですが、大勢でひとつのものを創り上げた時の達成感が、自分のモチベーションになっています。

●親元を離れての生活はどうですか?

炊事・洗濯・掃除と、身の回りのことをひと通りするようになって、家族(両親)に対する感謝の気持ちが、より強くなりました。ふとした瞬間に「ウチ(実家)のごはんが食べたいな」と思うこともありますね(笑)

●将来の夢や目標は?

高校時代からの夢である養護教諭になることです。学生時代、自分も保健室の先生にお世話になった経験があるからこそ、今度は自分が養護教諭として生徒たちに寄り添い、支えていける存在になりたいです。

●MGUに進学を考えている“未来の後輩たち”にひとこと

丁寧に指導してくれる先生方、充実した施設・環境を備えているMGUですが、ここに入学することがゴールではありません。卒業する4年後に、自分がどんな人間になっているかをイメージしながら、大学生活をエンジョイしてほしいです。

MY MG LIFE トップへ