オープンキャンパス開催レポートを公開中!

特別教育計画「腰越満美先生による声楽公開レッスン」を開催します

2014.02.17

音楽科特別教育計画
腰越満美先生(ソプラノ)による声楽公開レッスン
日時 : 2014年3月3日(月) 15時00分から16時20分まで
会場 : 音楽館ハンセン記念ホール 

腰越 満美先生 プロフィール
東京コンセルヴァトワール尚美ディプロマコース修了後、二期会オペラスタジオ修了。修了時に最優秀賞及び川﨑靜子賞を受賞。その後、文化庁オペラ研修所を修了し、文化庁芸術家在外派遣研修員として2年間、イタリアにて研修。95年フェッルッチョ・タリアヴィーニ国際コンクール第1位受賞。帰国後、97年新国立劇場オープニング記念オペラ『建・TAKERU』に夏乃役、98年二期会公演『フィガロの結婚』にスザンナ役で注目を浴び、99年『天守物語』に萩役で出演。2002年1月には、二期会・新国立劇場共催公演『忠臣蔵』に綾衣役にて出演。日韓文化交流公演オペラ『春香』のタイトル・ロールでも絶賛された。以後、大きな当り役となった、二期会オペラ『蝶々夫人』のタイトル・ロール、04年1月二期会・新国立劇場共催公演『鳴神』雲の絶間姫と次々と大舞台の主役を務め、二期会公演『ドン・ジョヴァンニ』では新しいドンナ・エルヴィーラ像を創り上げ、続く『フィガロの結婚』の伯爵夫人でも新境地を拓いた。

その後も、2010年には『鹿鳴館』の影山朝子、2011年には『夕鶴』のつう、2013年には『夜叉が池』の白雪役にて新国立劇場に出演し、いずれの公演も絶賛された。

2013年11月には、アルベルト・ライマン作オペラ『リア』のリーガン役、2014年は、二期会公演『蝶々夫人』のタイトル・ロールを、また新国立劇場において影山朝子役にて再び出演予定。また、「NHKニューイヤーオペラコンサート」等、テレビやラジオにも数多く出演し、各方面より注目を集めている。日本を代表するソプラノ歌手の一人。

 

入場 : 無料
主催 : 宮城学院女子大学音楽科
TEL/FAX : 022-277-6130(音楽科)
公開レッスン受講生、受講曲等詳細は音楽科オリジナルサイトでご紹介しています。

音楽科 トップへ