オープンキャンパス開催レポートを公開中!

さなぎプロジェクト「Internatioなる!?」活動報告

2018.01.09

※本学には、学生の自主企画活動を支援する仕組みがあります。
概要についてはこちら 、プロジェクト一覧はこちらをご覧ください。

英文学科2年 宍戸ありさ

「Internatioなる!?」 は、留学生と交流したいと考える宮学生のために、国際交流イベントを企画し運営するプロジェクトです。活動を通して、宮学生の英語力向上と地域コミュニティとの関わりを築くことを目的としています。

今年度は、以下の活動を行いました。

6月 新入生歓迎会を兼ねてバーベキューパーティー

7月 仙台で開催されたFIVBでの国際大会での運営ボランティア

9月 スポーツ大会

10月 大学祭でカフェ出店

今年度最初の活動となったバーベキューパーティーは、新入生にInternatioなる!?のことを知ってもらい、興味を持ってもらおうという新入生歓迎会の意味も含めたイベントでした。

準備がバタバタしたり不安な点もありましたが、先生方の協力もあり、たくさんの1年生が集まり、Internatioなる!?の活動に興味を持ってもらうとともに、わたしたちも新入生と交流する良い機会となりました。

7月には、FIVBワールドグランプリバレー2017仙台大会でボランティアを行うという貴重な経験をさせていただきました。
国際試合のマスメディア部として、初めての通訳ということで奮闘し、とても刺激的な体験となりました。優しく教えてもらい、温かい目で見守ってくださった周りの方々には本当に感謝しています。

 

9月には、国際交流イベントとして、Sports大会を開催しました。
内容としては、バレー、バスケットボール、ドッヂボールをしました。大学生になると運動する機会も少なくなってしまいますが、特にバスケットボールでは久々に走りボールを追いかけ、参加者全員が楽しめるイベントとなりました。
次回のイベントではもっと参加者が増えるよう、宣伝活動などに尽力していきたいです。

10月には、昨年に引き続き、Internatioなる!?として English Café を出店しました。今年は自分たちでパンケーキをつくり、美味しいと言ってもらい、大成功だったと思います。

 

様々なイベントを開催しましたが、どのイベントも準備に手間取ったり、進行がグダグダになってしまうことが多く、大変でした。

今年度はもう1つイベントを予定しているので、参加者をもっと増やし、大人数でも参加者一人一人が楽しむことはもちろん、企画している自分たちも楽しむことを忘れないで活動したいと思います。

LAC トップへ

LACの記事