オープンキャンパス開催レポートを公開中!

[ 人文社会科学研究所 ] 「ノスタルジーとは何か」が刊行されました

2018.11.01

本学所属の教員6名による著書「ノスタルジーとは何か」(翰林書房)が刊行されました。

著者は、今林直樹教授(学芸学部人間文化学科)、九里順子教授(学芸学部日本文学科)、小羽田誠治教授(一般教育部)、田島優子准教授(学芸学部英文学科)、田中史郎教授、土屋純教授(共に現代ビジネス学科)で、さまざまなテキストから読み取れるノスタルジーについて、文学、歴史学、地理学、経済学といった多様な学問分野から解釈、考察しています。

 

 

 

翰林書房のページはこちら

人文社会科学研究所のページはこちら

 

もくじ

序─ノスタルジーという概念をめぐって ◆ 今林直樹

Ⅰ─ノスタルジーが自立するまで 「故郷」からの距離 ◆ 九里順子

Ⅱ─『故郷』に表現されるノスタルジーの魯迅における特異性について ◆ 小羽田誠治

Ⅲ─イーディス・ウォートンの『無垢の時代』に見るノスタルジー ◆ 田島優子

Ⅳ─第一期フランス留学時代の黒田清輝 回想のフランス体験 ◆ 今林直樹

Ⅴ─商店街景観から読み解く昭和ノスタルジー

  大分県豊後高田市の「昭和の町」に注目しながら ◆ 土屋 純

Ⅵ─今、なぜノスタルジーなのか 社会現象としてのノスタルジーを考える ◆ 田中史郎

教育・研究 トップへ